TEL 047-320-2311

〒273-0035
千葉県船橋市本中山2丁目10番1号
ミレニティ中山4F

腱鞘炎手術

トップページ»  腱鞘炎手術

腱鞘炎とは

手首の親指側で腱のトンネルになっている部分が狭くなるために手首や親指を動かすと痛みを生じる病気です。注射で良くなる事もありますが、手術によってトンネルを広げる事が確実な治療法です。
腱鞘炎は、おおむね「ばね指」と「ド・ケルバン腱鞘炎」の2つの場合が多く見受けられます。

ばね指

ばね指の多くは屈曲時の痛み、あるいは指を曲げた後に伸びない「引っかかり」として現れることが多いようです。症状は特に朝起きがけに著明に見られることがあり、時間がたつにつれて次第に動かすことが出来るようになります。「引っかかった」指を伸ばすときがあたかもバネがはじけるさまに似ることから、「ばね指」と言われます。一般的には親指、中指、薬指に多いようですがどの指にも起こります。このばね指を長く放置しておくと関節の動かしにくさが次第に固定化されて、いわゆる関節拘縮という状態を起こすことがあります。この関節拘縮は指の先端から数えて2番目の関節(PIP関節)に起こることが多く、関節が曲がってしまって伸びなくなってしまいます。一度関節拘縮を起こすとその治療は大変難しいため、そうなる前に治療することが望まれます。

ド・ケルバン腱鞘炎

ド・ケルバン腱鞘炎の痛みの場所は手首の親指側です。特に、親指を握って手首を小指側に曲げたり、親指を思いっきりのばしたときに痛みが増強します。このド・ケルバン腱鞘炎も発症の原理はばね指と同じで、治療についてもばね指とほぼ同じと考えてよいでしょう。